近畿刃物工業株式会社
社員は見た
お問い合わせ
ロングセラーユニット刃物!
2017.12.15
図1は過去6年間で生産出荷された付角形状のスロッター上刃を刃先形状ノコ刃・ストレート刃で比較したグラフです。
両仕様とも数量は年々上がっておりますが、圧倒的にノコ刃タイプの上刃の生産出荷枚数が増えていることがわかります。
図2は過去6年間で生産出荷された全ての付角形状のスロッター上刃のグラフとなります
生産出荷枚数は年々増加、お客様に愛用して頂いております。
それは一度ユニット刃をお試しになられた大多数のお客様はその効果を実感して頂け、リピート購入して頂いております。
また、機種にとらわれない汎用性もその理由の一つと考えられます

今後とも、ご愛顧のほど宜しくお願い致します
次はトラストカッター!! 今後はトラストカッターもロングセラーへ! お客様のお声を元に改良を重ね、より良い商品作りを目指します。 次回の報告、乞うご期待下さい
近畿刃物の特許商品『トラスト』は、従来の刃物にない切断面、刃物寿命の向上を認めお客様に浸透し、確実にリピート率を増やしトラストの名に相応しい成果をあげています。
『スパット』『トラスト』刃物は弊社の特許商品
この実績を基に、より多くのお客様に付角式の使い勝手の良さを知って使って頂きたいと思っております。
些細な点でも上刃以外の刃物の質問でも構いません。どうぞお気軽に問い合わせください。
近年のダンボール刃物のトレンドを探る
2017.12.15
付角式スロッター上刃はどのようなものか? 刃先形状は?と お悩みのお客様へ
生産出荷データを用いて、トレンドを探るべく実績比較をしてみました。
図1は過去4年間で生産出荷された付角形状でノコ刃とストレート刃のグラフです。
グラフによると、圧倒的にノコ刃タイプの上刃の生産出荷枚数が増えていることがわかります。
図2は過去4年間で生産出荷された付角式スロッター上刃の売上のグラフとなっています。グラフによると、付角式の上刃の生産出荷枚数は年々増加、多くのお客様に愛用して頂いております。
では何故、付角式のノコ刃が伸びているのでしょう。(弊社パテント商品含む)
ストレートの生産出荷量に変化が見られないのは嗜好なのか?
しかし着実に刃先形状のお客様のシフトが起きています。原因はなんなのでしょうか?
●ノコ刃を使用される機械が高速化し、刃物使用量が増えてきたこと。●ストレートからノコ刃に移行されていること。
さらに直近の状況として
●ノコ刃の性能が格段にUPした商品がユーザー様の支持を受け始めていること。
などが挙げられます。
近畿刃物の特許商品『トラスト』は、従来の刃物にない切断面、刃物寿命の向上を認めお客様に浸透し、確実にリピート率を増やしトラストの名に相応しい成果をあげています。
『スパット』『トラスト』刃物は弊社の特許商品
この実績を基に、より多くのお客様に付角式の使い勝手の良さを知って使って頂きたいと思っております。
些細な点でも上刃以外の刃物の質問でも構いません。どうぞお気軽に問い合わせください。
【総数:9件(7~8件を表示)】 前の2件| Page1| Page2| Page3| Page4| Page5| Page次の1件
Copyright (C) 2019 Kinki Hamono Corporation. All Rights Reserved.