トップページ >> 社長の一言一覧
近畿刃物代表がイベント・社内行事・機械導入等々を随時更新していきます。
近畿刃物年表をクリックしていただくと2007年からの弊社の近代史をごらんいただけます。
インフラ整備推進中! ピンチとチャンスの関係について!
2012.4.9
 
 
 
 

近年この時期の取組は今年度事業活動の結びに、経常収支を眺めつつ来期事業を見据えて設備点検や気になる改善の実施等を決断実行を行ってきた。
工場レイアウト変更して動きやすく 手待ちを無くす(モノの流れが変えた事)や第3工場の立ち上げ、設備をしたら後から見えてきたついか設備など緊急にお手配する事が続く、またこのような時期に予期せぬ受注も入りそんな時に、機械の不調が発生メンテナンスを余儀なくされる 以外とピンチな状況に見える。

しかしそんな時ほど人間観や強さ、対応力がよくみえる時はない
今を克服すれば必ずや大きな自信と強い仕組みが構築されることになってくる!

ピンチの後には大きなチャンスが必ずや見えてくる!

会社の強さとは、ピンチをチャンスに変える事だと思えてくる!

守口門真地域企業 合同入社式。
2012.4.5
 
 
 
 

守口門真商工会議所で地元企業の合同入社式が行われた!

これから社会人となって各々暮らしの基盤を築いていくなかで鍛えられ成長していかれることと思う。

新入社員との交流は日々報告書を提出させて毎日コメントを伝えている!

新入社員へのエール 今の想いを見失うことなくもっと集中 もっと学べ そして人から凄いなといわれる人になれ!

掲載されている書籍のご案内です
2012.4.5
 
 
 
 

弊社掲載の書籍が、全国の有名書店で販売中です!

誠に ありがた区思っています! 感謝!感謝!

表紙だけですが ご案内申し上げます!

「関西の優良モノづくり企業111社」日刊工業新聞社

「伸びる会社はここが違う! 元気企業に学ぶ7カ条」出版文化社

興味のある方は、是非お買い求めください!

期待と現実!ブレーンを探せ!
2012.3.29
 
 
 
 

会社の未来を描き進んでいく間でいろんな試練や障害に出会ってきた。
そんな中 見えてきたものは、社長就任12年その間入社されたスタッフが知恵・技術も向上してきた事そして仕事の仕組みや機械設備も変わっていく中、次代を担う人を見つけて行く時期が来たことと見つけ方についてのこだわりたい点を考えた。

仕事の出来ないスタッフよりも出来るスタッフを選ぶことは当たり前のことだが、もうひとつ私が大切にしたいことは、私の想いに賛同し、私の背中を追いかけてくる者の暮らしを最大限守る事だと想っている!

仕事が出来ても繋がらない人間関係は弊害はあってもプラスにはならないなぜなら核となるべきリーダー達が共有のベクトルでなければ会社が一丸となることはない! と私は固く信じる!

これからの外部環境への対応を考える!
2012.3.25
 
 
 
 

まずは電力問題、準工業地区では生産に大変な影響を与える
変則的な勤務シフトが撮れない中小企業では、事業死活問題になりかねない 

基盤技術の海外流出問題への警鐘:以前、新潟での震災で撮るに足らない自動車のパーツの不足のために自動車の製造ラインに甚大な影響が起こったことを何故教訓が活かされればいいのだけれど・。

かつて家電産業、自動車産業がお家芸であった産業集積は減少傾向

経済はいろんな産業が影響をしあって動くもの
変な”たとえ”かもしれないが、ところてんと同じだ押せばどこかに影響が出てくる

川上から川下にもの流れていくように産業基盤(暮らしていく源泉)を歴史をかけて築かれた暮らしの仕組みだ!

川上が原料で川下が消費者その中にいろんな産業が点在してそれぞれが雇用を抱え泣き笑い日々を暮らしている

しかし、海外事業移転の歯止めが利かない
折角国内で作り上げた産業基盤が崩壊していく。

成長のイノベーション(革新)を起こそう!

点から線の取り組み川下に線を延ばす事!

節電等電力に対しての考え方いつでも使えるものという意識も改めて短時間に生産効率を上げる仕組みをさらに見つめて構築する事!

【総数:478件(121~125件を表示)】 前の5件|Page1|Page2|Page3|Page4|Page5|Page6|Page7|Page8|Page9|Page10|Page11|Page12|Page13|Page14|Page15|Page16|Page17|Page18|Page19|Page20|Page21|Page22|Page23|Page24|Page25|Page26|Page27|Page28|Page29|Page30|Page31|Page32|Page33|Page34|Page35|Page36|Page37|Page38|Page39|Page40|Page41|Page42|Page43|Page44|Page45|Page46|Page47|Page48|Page49|Page50|Page51|Page52|Page53|Page54|Page55|Page56|Page57|Page58|Page59|Page60|Page61|Page62|Page63|Page64|Page65|Page66|Page67|Page68|Page69|Page70|Page71|Page72|Page73|Page74|Page75|Page76|Page77|Page78|Page79|Page80|Page81|Page82|Page83|Page84|Page85|Page86|Page87|Page88|Page89|Page90|Page91|Page92|Page93|Page94|Page95|Page96|次の5件

 

プレス情報