トップページ >> 商品一覧 >> サクット・スパット >> 刃物の現状と開発コンセプト
商品:サクット・スパット
■段ボール刃物の現状
国内段ボール製造は、1909年から興った産業です。電球、化粧瓶等を包装する緩衝素材からその用途が広くなってきて、現在は物流箱としてあらゆる生産物、青果物、食品物、飲料水、冷凍食品、家電商品等に利用されており、その用途は非常に広くなっています。
現在の物流量の増加に従って、緩衝材・外箱としての段ボールそのもののニーズは増加することがあっても、段ボールの代替品がない現在、減少することが無いと思われる環境にあります。
しかし反面、段ボール製造業界は商品の質の向上と価格を下げることを要求される場面が多くなってきているのも事実です。特に今まで解決が困難であった切断面の質の向上が必要となっています。つまり切断刃物の質の向上をはかり切断時に発生する切断粉の減少に努める必要があります。又、価格を求める 動きに対してはできるだけ消耗品である刃物のメンテナンス費用を下げる必要があります。 弊社は創業昭和35年から段ボール用刃物に特化した刃物創りをおこなっています。こういった業界の要望に答えるため「スカッ」と切れる切れ口の良い刃物でメンテナンス費用があまりかからない商品開発を続けています。
■スパット上物(後刃)の各部形状での改善
■着想 Concept
*共有化を図る
*機能改善
*商品開発付加価値
*技術進化
*コスト削減
刃先の規格化によって機械が変わっても刃先の共有化を可能とする。
刃先の高さ調整で切り込み量の調節が可能とする。
刃先に磨耗しにくい硬質な材料を使用し、綺麗な切断面を長期間維持する。
ユニット部分の刃先形状の加工品質の向上がはかれる。
ユニット化されたことにより、刃先部分の交換が可能となりコスト削減が可能となる。
 
プレス情報