トップページ >> 社長の一言一覧
近畿刃物代表がイベント・社内行事・機械導入等々を随時更新していきます。
近畿刃物年表をクリックしていただくと2007年からの弊社の近代史をごらんいただけます。
日刊工業新聞掲載記事(守口門真工業クラブ編)
2009.6.30
 
 
 
 

アップロードファイル 53-2.pdf


本年度は、守口門真工業クラブ会長職を仰せつかり 景況感の低迷とあい重なり 従来あまり気にもしなかった事が多く顕在化し、気づき 実行しているところです。

また、いろんな人に協力していただき支えられている事を実感しております 誠にありがたく感謝です。

近年私は、業界を超えた経営者、行政の方、研究所の方、大学の方、アスリートの方等多くの人と出会い、驚くこと、感動すること、勉強になること、ワクワクすること、日々”たくましく”なってきているようです。                                           感謝!                    平成21年6月30日

生産技術研究会「山岡金属工業㈱ 山岡社長講演」
2009.6.24
 
 
 
 

本日の 講師は山岡金属工業㈱ 山岡社長です

会議所等の会合にて、気さくに話しかけていただき、その度ごとに、バイタリティーのある方だなあと常日頃、感服している社長の登場であります。

映像はNHK「ルソンの壷」出演された映像とそれを見る参加者

上映終了後、ご本人が登場しました。 テレビから抜け出てきたような演出にサプライズ!

今後更なるご活躍を、”わくわく”期待しております。

                   平成21年6月23日
 山岡金属工業㈱
 http://www.silkroom.co.jp/yumekobo/index.html

昭和の時代へタイムスリップ ”ミュージアム夢工房に行く”
2009.6.24
 
 
 
 

本日は、生産技術研究会(大阪府立産業技術総合研究所内事務局)のセミナーにて山岡金属工業株式会社を訪問しました。

工場でありながら、ミュージアムにしてしまった会社
多くの人が集い、驚き、感銘を受けて、昔通り過ぎた懐かしい古き良き思い出を今に引き戻す、こんな時代があったんだ、こんな時代を生きたんやと、今は亡き親父の元気だった姿や、昔お世話になった方々、当時の自分を思い出す 不思議な、懐かしい空間でした。

講演前に 少年時代がよみがえる懐かしい時代の日常品の数々を見学して、感性が非常に豊かになったような気がしています。

                          感謝!
           平成21年6月23日
             ミュージアム夢工房にて
   http://www.silkroom.co.jp/profile/yumekoubou1.html

守口門真工業クラブ 大阪府研究機関見学
2009.6.20
 
 
 
 

大阪府立産業技術総合研究所に当会メンバー15名が施設紹介や生産技術研究会の案内を受けて施設の見学を行った 

精密測定室、摩擦攪拌接合機(FSW)、レーザーRP,最近導入されたサーボプレスの動き説明を受けた(目的制御と近年技術)

生産技術研究会幹事長も歴任して利用もしているが「日本の技術力、行動力強化」の為にもっともっと多く参画者が集まって、啓発しあい”モノ創り”商品開発や加工法の評価検査、作業工法の見直しなどに設備研究機関の必要性が不可欠であることを強く感じた

              平成21年6月19日

大阪府立産業技術総合研究所ホームページ
       http://tri-osaka.jp/

生産技術研究会総会
2009.6.13
 
 
 
 

先ほど行われた守口門真工業クラブ6月例会記事が日刊工業新聞に
6月12日掲載  (アップロードファイル 49-1pdfクリック)

大阪府立産業技術総合研究所内に事務局がある生産技術研究会総会が(財)堺市産業振興センターコンベンションホールで行われた。

甲南大学のシュレスタ教授が、グローバルな視点での「産官学連携と地域おこし」ドイツ、フランス、イギリスの昨年と今年の影響が日本国内と比較してあまり深刻になっていないなどの話を伺い、考えさせられるべき点が多い

また1975年以降創業された企業ランキングで世界のベスト500に日本が無い事を知り  「世界経済2位であった日本」はどこにいってしまったのか!
                        平成21年6月12日
         生産技術研究会HP
      http://www.tri.pref.osaka.jp/dantai/seigiken/

【総数:478件(426~430件を表示)】 前の5件|Page1|Page2|Page3|Page4|Page5|Page6|Page7|Page8|Page9|Page10|Page11|Page12|Page13|Page14|Page15|Page16|Page17|Page18|Page19|Page20|Page21|Page22|Page23|Page24|Page25|Page26|Page27|Page28|Page29|Page30|Page31|Page32|Page33|Page34|Page35|Page36|Page37|Page38|Page39|Page40|Page41|Page42|Page43|Page44|Page45|Page46|Page47|Page48|Page49|Page50|Page51|Page52|Page53|Page54|Page55|Page56|Page57|Page58|Page59|Page60|Page61|Page62|Page63|Page64|Page65|Page66|Page67|Page68|Page69|Page70|Page71|Page72|Page73|Page74|Page75|Page76|Page77|Page78|Page79|Page80|Page81|Page82|Page83|Page84|Page85|Page86|Page87|Page88|Page89|Page90|Page91|Page92|Page93|Page94|Page95|Page96|次の5件

 

プレス情報