トップページ >> 社長の一言一覧
近畿刃物代表がイベント・社内行事・機械導入等々を随時更新していきます。
近畿刃物年表をクリックしていただくと2007年からの弊社の近代史をごらんいただけます。
近畿刃物 プロバスケットゲーム観戦へ 守口市民体育館
2015.2.24
 
 
 
 

2月21日土曜日 地元守口市民体育館
当日、飲食は持ち込み禁止なので 前日よりメニュー&フード映像を取り寄せて 事前に準備を行い確保したシートで座席表を作成
非常に段取りよく準備が展開、就業後体育館前に集合スタッフは
ウェルカムボードにスポンサー企業である弊社名を見入っていた。
会場内へ、まず声が上がったのは。選手の体格 すべてがコートま近一階の指定席に陣獲る 全員が応援グッズ「はりせん」を手に 叩き準備OKノ状態 食事も各々手渡されて プロバスケットゲーム大戦
一進一退の攻防 攻撃はGO!GO! エヴェッサ!とハリセンもリズミカルに 防御は一転 注意深くディフェーンス ディフェーンスとハリセンのリズムが変わる 相手フリースローの時など集中させまいとハリセンが急に小刻みに叩かれたり足音が鳴ってきたり観客の思いと選手の勝ちたいという思いがシンクロしているかのように 振り返るとプレーを熱い視線で見入る姿を眺め
まだまだ 成長できる手ごたえを感じた!
会社が 社会貢献CSRを高めること会社の視野が スタッフにも伝わっていく 会社と個人の生活の経過以外にプロバスケットゲームサポートを通じて 新たな展開が始まる!

日刊工業新聞掲載 平成27年1月9日
2015.1.14
 
 
 
 

近年、いろんな活動にコラボしている 
CSRの船出が始まる!!

2015年 始まろうとしています
2015.1.1
 
 
 
 

今年は、社長就任15年目に入ろうとしております。

振り返ってみると始めの5年は経営革新の基盤になった時期であったISO認証、新規開発、最新インフラ導入と良い人材増員も出来た。

私の唱える経営理念『安心して眠れる会社、笑って働ける会社』ですが これは外部に向けて発信していないと 指摘されたことがありました。

しかし顧客満足を向上させるにはこれしかない!

経済活動を円滑にする事業は、『自分よし、相手よし、世間よし 』
必要とされる会社しか継続は出来ない 出来る事を時と共に成長させる事

3要因が同時継続にあるこの中で 一番見つけ見つけ出し対応出来るのは『自分よし』ではないにだろうか。
しかしここで言う自分とは、私個人的な事でなく弊社スタッフの笑顔に関心をもつ事ではないかと思っている。

『三方よし!』日々、心の声を聴き止めて 社長就任15年目をパワフルに飾るつもりです。

本年も よろしくお願いいたします 元旦

映像 左上 伏見稲荷 火焚祭 左中 ピンクのシャツここから始まる 左下 産学交流クラブ カラクリ人形製作 右上 現在クリエイションコア展示風景 右下 ラジオ大阪 収録風景 懐かしい映像

2014年 今年一年間の仕事を終えて
2014.12.28
 
 
 
 

今日は2014年最後の日曜日冬季休暇の初日
つくづくする事が多いことに我ながら感心する
とはいえ、色んな事が出来るのも大勢の人のささえあればこそとしみじみ感じている 歳を重ねるとこういう風になるのかと実感
 ヒト、モノ、カネ、を会社経営にたずさわる者は耳にする
今年一年間いかほどステージが上がったのだろう検証を行う
翌年より新たな取組 Jbリーグ大阪エヴェサとのオフィシャルパートナーというつながりが始まる
どんな変化があるのか これもまたワクワク楽しみが増えた!
闘志を燃やしながら シーンと静まりかえった工場内、事務所にて

2014年ふいご祭り 伏見稲荷大社
2014.11.11
 
 
 
 

今年も 迎えることが出来た
ずっとずっと続いている「ふいご祭り」行事
前日は 日刊工業新聞で大きく掲載この日を迎えることのありがたさのあらわれか!
竹に例えるなら 竹はなぜ強くて撓るのか!
それは 節があるから
一年を通じて良かったこと悪かったことを顧みて新たな一念を迎えるそんな節目にしたい
残された良いこと悪かったことの経験は必ず将来において無形の財産になる これは経験から出たコメント!

【総数:478件(16~20件を表示)】 前の5件|Page1|Page2|Page3|Page4|Page5|Page6|Page7|Page8|Page9|Page10|Page11|Page12|Page13|Page14|Page15|Page16|Page17|Page18|Page19|Page20|Page21|Page22|Page23|Page24|Page25|Page26|Page27|Page28|Page29|Page30|Page31|Page32|Page33|Page34|Page35|Page36|Page37|Page38|Page39|Page40|Page41|Page42|Page43|Page44|Page45|Page46|Page47|Page48|Page49|Page50|Page51|Page52|Page53|Page54|Page55|Page56|Page57|Page58|Page59|Page60|Page61|Page62|Page63|Page64|Page65|Page66|Page67|Page68|Page69|Page70|Page71|Page72|Page73|Page74|Page75|Page76|Page77|Page78|Page79|Page80|Page81|Page82|Page83|Page84|Page85|Page86|Page87|Page88|Page89|Page90|Page91|Page92|Page93|Page94|Page95|Page96|次の5件

 

プレス情報