記事一覧

TOKYO PACK 2012 二日目

アップロードファイル 406-1.jpgアップロードファイル 406-2.jpgアップロードファイル 406-3.jpg

出展二日目を通じて、日々刃物に関して改善を試みたい、相談したい等 想定外業種を問わない産業用刃物として問い合わせが多く感じられた、

悩みがあれば それだけもっと業務を通じて お役に立てるようにと 又新たな課題が弊社のモチベーションを高める源泉になりそうだ。

展示会は 色々気付きを与えてくれている 有難いことだ 感謝!

TOKYO PACK 2012 開場 30分前 

アップロードファイル 405-1.jpgアップロードファイル 405-2.jpg

展示会開場前 静かなときが流れる。 

TOKYO PACK2012 展示会出発直前のご案内 

いよいよ!10月2日(火)、開催です!
直接、担当者・技術者と商談ができ、実物をご覧いただけるこのご機会をお見逃しなく!

皆様のご来場をお待ちいたしております!

☆なお、本展は入場無料でございます。当日、お越しいただき、受付にて☆ご登録いただければ、ご入場いただけますので、是非ともご来場ください!

TOKYOPACK2012 http://www.tokyo-pack.jp/ps/
◎610社・団体、2289小間の規模にて開催!
    (前回より約1割UP!)
参考:前回TOKYOPACK2010 前回開催実績
◎551社・団体、2118小間!入場者:17万859人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会 期:2012年10月2日(火)~5日(金)10:00~17:00
    ※9:00よりセミナー、9:30より登録受付開始!
会 場:東京ビッグサイト 東1~6ホール(東京都江東区有明)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎主催案内情報◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
 TOKYO PACK 2012   世界最高水準の包装の力と技! 
あらゆる業界の包装の課題が解決できる
アジア最大の国際総合包装展 
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

■スペシャルゲストセミナー■■■■■■■
 「パッケージコレクターとしての包装業界への期待」
  講師:森永卓郎氏のセミナーのご参加方ご案内申し上げます。

当日先着順としておりましたが、整理券配布方式とさせていただきますので、ご参加をご予定されている方は、ご留意くださいますようお願い申し上げます。
  スケジュール:
   ①10:00~ 整理券を配布いたします(東6ホール主催者事務室受付)
         ※整理券が無くなり次第、終了いたします。
   ②~11:45 整理券をお持ちの方は、11:45までに会場にお越しください
         ※整理券をお持ちでない方へは、以降、会場に空きがござ
          いましたら、ご案内申し上げます。
   ③12:00~ 講演開始
 開催概要
 ・と き:10月3日(水)12:00~13:00
 ・ところ:東6ホール入口主催者事務室(会場もご変更となっております)
 ・講 師:獨協大学教授・経済アナリスト 森永卓郎氏
 ・定 員:120名 参加無料

TOKYO PACK2012 近づく

アップロードファイル 403-1.jpg

展示会が近づく 台風も近づく おそらく暑かった季節も大きく変わり共に経済も好転をと願う今日この頃です。

いよいよ展示会に向けて、準備も最終段階 今回の目的は、弊社の商品はもとより会社イメージも共に魅ていただきたい思いから実現できました。

刃先加工技術の集大成「高速微細刃先加工」の展示、刃物にこんな機能があったらとか、知恵と工夫が合わさった紙器段ボール用刃物

展示ブースも弊社の会社(型)を描き、フィソロフィー(哲学)が観えることを願っています。

モノ創りはヒト創り(人材)人がいるから良いもの工夫されたもの便利なもの、が出来る

弊社は今までの永き時間を通じて基盤を創ってまいりました、この日本でこのジャパンでアジア最大級のイベントに 出展(出航いたします 更に進化 イノベーション!

TOKYO PACK 2012
TOKYO PACK "東京国際包装展"は、さまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまでのあらゆる分野を網羅した世界有数の国際総合包装展です。

http://www.tokyo-pack.jp/

経済の漂流を考えた!  「見方、見え方、考え方」 

今、経済活動は、長く漂流が続いている
1980年代 世界の15%の利益をたたき出した日本経済はどうなったのか?

そんな中 「かくありたい」そんな思いをつづってみた

一流とは何かと考えてみた
「期待通り」成果を出す能力を表すものと考える
それでは、二流とは何か
「期待道り」成果を出せない事を示す
この「期待どうり」というワードが一番肝心なように思う
この「期待どうり」の基準がそれぞれ会社によって異なっていて
会社の核になるのではと考える

TOKYO PACK2012に向けて

アップロードファイル 401-1.jpg

日刊工業新聞に掲載【日本を支えるモノづくり力 大阪北河内】にて情報発信 全国に駆け巡る!

2012東京国際包装展(TOKYO PACK2012)に向けて!

アップロードファイル 400-1.jpgアップロードファイル 400-2.jpgアップロードファイル 400-3.jpg

いよいよ 国際的大規模展示商談会TOKYOPACK2012が平成24年10月2日~5日 事前周知広告を日刊工業新聞で9/20、直前広告10/1に掲載される。
前回開催実績は 出展社:551社 展示小間数:2118小間
        入場者:17万859人
今回開催は   出展社:610社 展示小間数:2289小間
そんな展示会に 近畿スタイルを披露します。

新たなメディア広告 革新!

アップロードファイル 399-2.jpg

最近、社史を考えて、当時の出来事をさかのぼりながら、弊社の現況を改めて見つめている。
 広報・広告を流すという事は、たとえば 石つぶてみたいなもので水面に投げつけて 波を創るようなもの、波紋はどのように見えているか?を周りに問うこと!
 そして肝心な事は続け、気づいて変化、進化していくこと

従来のやり方は、どんな形の物をどこで、どういう機械で作っているのかを伝えた。

今回は、もっと人の部分を伝えたい、創る人の想いや人がどのような仕組みで繋がっていくのかを伝えたい!
キャラクターにして仕事の様子を伝える、それぞれのミッション、安心な状況で力を出す様子、働くということ、何がしたいかではなく、誰と共に働くかを主眼においている会社の目指す姿を伝えたい!

さかのぼり近畿刃物その2

アップロードファイル 398-1.jpgアップロードファイル 398-2.jpgアップロードファイル 398-3.jpg

スポットクーラーインフラ改善【右上】
作業導線確保【左上】
作業導線確保前【左下】観える作業改善!
さかのぼり近畿刃物風景!

人材育成 心に響くフレーズ 「渋沢栄一氏」

事を処するに 自己と他を差別してこれは己のものではないと云う観念であったならば 必ず本当の精神は入らない
ゆえに事を処するのは、すべての財産が自己に専属したものの如く
観念して最善の注意と最善の努力をいたさねばならない。

会社を守るのは、個人の為でなく国家の発展の為 民間の利益追求が公の利益になる!

渋沢栄一:銀行を創ったとともに実業家1840~1931