記事一覧

平成25年 始動開始!

アップロードファイル 417-1.jpg

新年 あけましておめでとうございます。
紙器・段ボール用刃物製造販売一筋、今年は55期を迎えます。
インフラも整えてボトルネックを見つけては 最新設備導入
人材も増員 改善活動が続く中、春には新たな仲間が増える
来年、平成26年春の新卒求人誌にも掲載

仕事を振り返って想う事「初心わすれるなかれ・・・・」
求人広告等で 弊社はやりがいのある会社です 云々の言葉を目にするが 本来 やりがい、働きがいは、やってみてはじめて出てくるもの 感じ取れるもの。
やりもしない、働きもしないで、どうしてそのような喜びが得られようか。
生きがいにしてもそうだ 精一杯生きる努力をして、はじめて生きる喜びを知るものだと思う!

「仕事の報酬は仕事である」とは、藤原銀次郎さん(※)の言葉
賃金と仕事の関わり合いについては、いろんな立場からの様々な議論があろう。けれどもそれらを超えていることは、人間の喜びは金だけからは買えないという一事である。賃金は不満を減らすことはできても、満足を増やすことはできない。満足を増やすことのできるのは、仕事そのものだといわねばならぬ。どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕事になってくれば、人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ。
【※藤原銀次郎:王子製紙社長。日本の製紙王と呼ばれた人物。戦前の三井財閥の中心人物】

大きな事業でも小さな仕事でも、一つの失敗がそれだけで命取りになることがある。その失敗にくじけ、しっぽを巻いてしまうからだ。一回限りの失敗は、実はまだ失敗とは限らぬ。肝心なことは、ところんまで失敗の原因を見極め、同じ失敗を二度と繰り返さないことだ。そうすると失敗は成功の母となる。【土光敏夫実業家 第4代経済団体連合会会長「増税なき財政再建」有名な言葉】

数々の先人の言葉をかみしめつつ 
活動の場を広げて 平成25年ワクワク始動開始いたします


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

トラックバック一覧